月別アーカイブ: 2018年1月

肌の張りを保つコラーゲンとヒアルロン酸

肌にシワができる原因は、細かく挙げればイロイロなのです。しかしながら、一番大きな原因と考えられているのが、乾燥でしょう。お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)表面のシワが増えて行く事になります。

たとえば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するというわけです。さらに、加齢によって皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の張りを保つコラーゲン、ヒアルロン酸といった皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の構成成分が減っていくばかりですから、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるという説もあります。乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。たとえばマッサージに利用するのもありですし、スチームを使う時に、数滴まぜて利用してみてはいかがでしょうか。秋冬の乾燥シーズンに加え、時節の変わり目には肌の乾燥に気をつけなければいけません。目の周りの皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)は引っ張ってもわかるとおりとても薄いのでシワやシミが出やすく、まぶたから目尻のあちこちが小さく切れたりすることもあります。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげて下さい。

目のまわりのお手入れには、オイルをプラスしてあげるといいでしょう。オイルにも種類がありますので、肌と相性の良いものを使用するようにして下さい。普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。刺激が多いと死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなりますが、実際には角質より下の層は薄くなっています。持ちろん、良い状態ではありません。表皮に過度な刺激をかけ続けると、いずれは真皮のタンパク質の構造に負荷がかかり、耐えられなくなってきます。具体的には、脂質の過剰分泌や乾燥などが起こり、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、一応のプロセスは踏んでいるものの、本人からしてみると「いきなり老けた」気がするのです。

お肌のくすみを引き起こす要因として、糖分の摂り過ぎを疑って下さい。お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうと自分に適した美白化粧品を使っていてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。コラーゲンが糖に反応し、その働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンが糖化し立と考えています。老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにして下さい。

梅雨と言えばやはり、カビが心配な時節ですが、人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下ではいつもより多くなります。

真菌の中にマラセチア菌というものがありますが、この菌が引き起こすとされる「でん風」と呼ばれる皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の病気は、体の部位を選ばず発症します。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。これってシミではないかも?と思ったら、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)科を受診された方がいいでしょう。肌トラブルと言えば、女性のよくある悩みでしょう。

加齢と一緒にシミが気になってくるでしょう。

シミをどうにかしたいと思ったら、積極的にビタミンを摂取するというのが重要になってきます。中でも、ビタミンCの成分は、シミの予防のみならず、今あるシミを改善したり、なくすこともできるでしょう。

より多くのビタミンを摂れば良い状態で肌を維持できます。お肌に現れたシミに悩んでいる方はかなりの数にのぼるでしょう。肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つにはちみつが挙げられます。はちみつが含んでいる成分には沈着してしまった色素を薄くする効果が望め肌にできてしまったシミ、雀斑などを目立ちにくくしてくれるでしょう。

顔にできたシミを気にされているのならぜひハチミツを試してみたらいかがでしょうか。

年齢は肌に出ます。顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。ここはシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢といっしょになくなると、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。顔に限定しますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といっ立ところでしょうか。よくテレビで芸能人の肌をみたりすると、シミも存在しないほど、美しいことがほとんどです。しかしながら、芸能人だって人間ですから、実は、肌の調子が悪いこともあります。

沢山の人から見られるシゴトということもあり、普通の人とはくらべようのないくらい、その対策には気を使わざるを得ないでしょう。その方法に注目してみると、あなたのスキンケアがよりよいものになるはずです。