月別アーカイブ: 2017年10月

シミは薄くなっている

毎日怠らずに紫外線対策やスキンケアをやっていたのに鏡を見てびっくり!顔にシミができてるなんてことがあります。がんばった甲斐がないなぁと思われた方もたくさんいるはずです。

目立つシミから目立たないシミにしていくにはビタミンCの摂取が効果絶大です。体にビタミンCを摂り入れることによってシミは薄くなっていきます。ビタミンCは調理によって失うことも多く、ご飯だけはなかなか摂りづらいという人はサプリメントで補うのも一つの手です。

ここ数年前から私の母は顔のしみに悩んでおりました。そのシミのサイズは十円玉ほどの大きさが一つ、もうちょっと小さいものがいくつか左右の頬に散らばっていました。1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」と聞き、すぐさま毎回のご飯にできる限り摂取してきました。シミは薄くなっているという結果があらわれています。

元々、乾燥肌の人は、毛穴が小さく硬いので、少しの量の皮脂によっても目詰まりが起こります。乾燥している肌は、実はアブラっぽいお肌と同じようにニキビができやすいんですね。肌の防御システムの機能が低下していますので、外からの刺激に対し脆弱で、肌荒れが発生しやすい状況でもあります。

肌トラブルを避けるためにも、正しいスキンケアして方がいいです。肌にできてしまったシミ、なんとかしたいと思いますよね。

私の場合、肌をケアする上で、プラセンタ美容液を使っています。洗顔後のきれいなお肌にしっかり浸透させてから、化粧水、乳液といったものでケアします。プラセンタ美容液にお世話になり初めてからというもの、肌の透明感が増して、頑固なシミも徐々に消えてきました。みかんはビタミンの含有量がとても多く、お肌の内部からきれいになり、シミを創らないためにぜひ食べて欲しいものです。ただ、食べ方には注意しましょう。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンという柑橘類に多い成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、むしろシミが広がることもあるそうです。お肌の負担を軽くするために、みかんは夜食べるのがオススメです。美白成分といっても様々ですが、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。

シミの基になるメラニンが沈着することを防ぐというはたらきをしてくれます。

また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、美肌維持に欠かせない新陳代謝が盛んになって、不必要な角質と供にシミ持とれやすくしてくれます。

年をとってくると減少してくるコラーゲンまでも作りやすくしてくれるので、これが美肌の秘訣かも知れません。

こんなにお得なことはありません。

肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、まずは、毎日のスキンケアでお悩みを解消したいと思う方も多いでしょう。

もし、それだけでは無理かも、という場合はクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取るという方法もあるのです。

エステのメニューの中には特殊な光を使いお肌のシミを薄くするメニューを取り入れているところもありますが、美容外科などでは、さらに確実性の高いレーザーによる治療という方法でシミをきれいに消すことができるためす。

特に40代以降のお顔のしわを目立たないようにする方法に関して、ベストの方法はどのような方法か知りたいと思っている方が多いかも知れません。乾燥した肌をそのままにしておくと、、しわができる大きな要因となるでしょう。

洗顔後に化粧水をたっぷりコットンにとって、軽くパッティングするのが一般的ですが、力を入れすぎると、かえって肌に負担がかかります。

適量の化粧水をコットンにとって、そっとパッティングする方法が良いと言われています。かゆみがあって、皮膚をしつこく掻き続けたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりとなっているのです。

傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていくワケです。表皮は皮膚のバリアです。バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届く可能性が高まります。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、それでシワやたるみが起こるのです。お肌にダメージがあると、シミが出来ることがあるでしょう。

例として、ちょっとした外出における日焼けです。熱でヒリヒリしてしまうときは、何も感じなくても見えない炎症が起こっています。もしかすると、基本となるスキンケアは、紫外線対策といっても過言ではありません。